2020/04/27 09:19

②の続きです。

🐰「グジ・モルモル・ウォッシュド」

🐱「モルモラ」だろ。「グジコーヒー」は、宮城県山元町『結工房』のオンラインショップまたは現地で買えるんだったね。


🐰あっ、結工房オンラインショップのカートに、『グジ・モルモル・ナチュラル』っていう商品もあるよ!

🐱だから「モルモラ」だろ。この「ナチュラル」は、精製方法だね。コーヒーチェリーから種子を取り出して生豆にするまでの工程で、先日は「ウォッシュド」という水洗式の方法についての記事があったね。


「ナチュラル」という精製法

「ウォッシュド」が水を使って果肉とミューシレージを除去してから乾燥・脱穀する方法なのに対して、「ナチュラル」は水を使わずに乾燥させて脱穀します。

収穫したコーヒーチェリーを選別して、太陽の下やビニールハウス内に広げます。そしてまるで干しブドウのように黒くなるまで乾燥させるのです。発行したマンゴーやベリーのような甘い香りとコクが出ます。

エチオピア・ヤルガッチャフェ村の方々。画像はNPO高麗より。


「ナチュラル」は、比較的雨の少ない地域で採用されている精製方法。コーヒー豆そのものの風味や個性を感じられる。


ほかにも、セミウォッシュドというウォッシュドに近い精製方法、(すっきりとクリアな味わいと上品な酸味。)パルプドナチュラルというナチュラルに近い精製方法(発酵した果実のような甘い香りとコク。)、スマトラ式(インドネシアのスマトラ島で行われている、マンデリンの精製方法)などいくつかの精製方法があります。精製方法と味の特徴を知っておくと、コーヒー選びがこれまでよりもっと楽しいものになるかもしれません。